チュートリアル 4: 機械 CAD パッケージへのエクスポート


チュートリアル 4: 機械 CAD パッケージへのエクスポート

Author
Message
Zemax_Japan
Zemax_Japan
Forum Member
Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)

Group: Administrators / Zemax Staff
Posts: 257, Visits: 2.4K

レンズ設計が一定の段階に達すると、レンズと光線の設計と並行してレンズ マウントなどの光学機械部品を設計できるように、レンズ設計を機械設計パッケージにエクスポートすることが必要になる場合があります。[ファイル] (File) タブの [エクスポート] (Export) グループを使用して、レンズ設計を容易にエクスポートできます。


チュートリアル 3 で使用したファイルを、次の設定でエクスポートします。

http://forum.zemax.com/Uploads/Images/4f617297-b843-4418-b484-8f95.png

ここで生成したファイルを、目的の 3D CAD パッケージに読み込みます。


: エクスポートした光線が SolidWorks™で表示されない場合は、OpticStudio ユーザ ナレッジ ベース (www.zemax.com/kb)で「SolidWorks」を検索し、SolidWorks のインポート機能のオプション設定方法に関する記事を参照してください。

この CAD パッケージを使用すると、ミラーの可動範囲、光線のエンベロープ、光学部品などを容易に確認できます。複数のコンフィグレーションは、それぞれ別々のファイル、同一ファイルにある別々のレイヤー、または上記で説明したようにすべてのコンフィグレーションをまとめたファイルのいずれかでエクスポートできます。

CAD オブジェクトのインポートについては、このガイドのノンシーケンシャル光線追跡のセクションで解説します。


GO


Similar Topics


Login
Existing Account
Email Address:


Password:


Select a Forum....



































Zemax Users Forum


Search