ソフトキー ライセンスを保護し、紛失を防ぐには


ソフトキー ライセンスを保護し、紛失を防ぐには

Author
Message
Zemax_Japan
Zemax_Japan
Forum Member
Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)

Group: Administrators / Zemax Staff
Posts: 257, Visits: 2.8K
概要:
この記事では、ソフトキー ライセンスの最良の使用方法について概要を説明します。また、ライセンスのバックアップの取り方ならびにソフトキー ライセンスの紛失を防ぐ方法についても取り上げます。

記事:
注意:この記事を読む前に、お使いのライセンスがソフトキー ライセンスであることをご確認ください。USBドングルをお使いの場合、所有されているのはソフトキー ライセンスではありません。

http://forum.zemax.com/Uploads/Images/eff1f167-01a1-449f-a4ea-3de2.jpg     http://forum.zemax.com/Uploads/Images/292d29f7-820e-432d-9bc6-25ce.jpg     http://forum.zemax.com/Uploads/Images/900e1af6-5bc3-4d5e-a1a7-a535.jpg     http://forum.zemax.com/Uploads/Images/49d29f94-93b0-472c-a237-b6d7.jpg

はじめに - 基本的なソフトキーのインストールおよびアクティベーションの詳細

お使いのライセンスは、ソフトウェアへのアクセスを制御します。ライセンスを紛失すると、代替ライセンスの提供には費用がかかる場合があります。この記事では、ライセンスの仕組み、バックアップの取り方、および紛失時のソフトキー ポリシーについて説明します。
お持ちのソフトキーを、紛失する可能性のある、物理的に所持している物品としてお考えください。ひとつのコンピュータでライセンスのアクティベートに成功すると、同じアクティベーション コードを使って他のコンピュータをアクティベートすることはできません。ライセンスは別のコンピュータへトランスファーする必要があります。ソフトウェア ライセンスはコンピュータ自体に保存され、Zemax サーバーへのチェックインや接続は必要ありません。これにより、オフラインでも使用できるという柔軟性がもたらされますが、同時にライセンスが盗難にあった場合に遠隔で無効化したり、コンピュータが消去された場合に再度アクティベートしたりすることもできません。そのため、紛失したライセンスであっても使用可能であるというリスクがあります。USB キーと同じように、ライセンスは永続ライセンスで期限切れにはなりません。したがって、代替ライセンス提供のポリシーには制限を設ける必要があります。

ソフトキー紛失におけるポリシーならびに Zemax 製品保証プログラム(ZPA)

ライセンスを紛失した場合、新規ライセンスのご購入時または年間メンテナンスサポートのご更新時に ZPA にご加入いただいていない限り、代替ライセンスは定価にてご購入いただく必要があります。ZPA にご加入いただいていれば、あらゆる不慮の紛失において、ライセンスが保護されます。フォーラム記事「ライセンスが紛失、盗難もしくは故障した場合」の記事にて、紛失におけるポリシーおよび ZPA の補償範囲についてご確認ください。また以下のページより、Zemax 各製品における ZPA の詳細をご参照いただくことが可能です。
OpticStudio の Zemax 製品保証プログラム (ZPA)
LensMechanix の Zemax 製品保証プログラム (ZPA)

ライセンスがお使いのコンピュータに固定される仕組み

物理的なマシンにインストールされたソフトキー

ライセンス許諾契約の違反を防ぐため、ライセンスはコンピュータの特定のハードウェアに関連付けられています。コンピュータのハードウェアが完全に変更されると、ソフトキー ライセンスを2台目のマシンで同時に使用を試みたとみなされ、ライセンスが無効化されます。

バーチャル マシン上にインストールされたソフトキー

ソフトキー ライセンスを、(Apple コンピュータ上で Windows を実行するために)VirtualBox、VMware または Parallels といったバーチャル マシン(VM)上にインストールしている場合、 ライセンスはマシンのハードウェアではなく VM の完全修飾ドメイン名(FQDN)または Windows コンピュータ名に関連付けられています。したがって、FQDN を変更しない限り、VM を新しいマシンへ移動させてもソフトキーが無効になることはありません。

コンピュータ名を変更したり、お使いのドメインからマシンを移動させ再度追加したりする場合は、本記事に沿ってまずお使いのライセンスを一時的に弊社のサーバーへトランスファーしてください。2016年8月以降にリリースされたバージョンをお使いの場合は、2台目のコンピュータでトランスファーを完了する必要はありません。生成されたトランスファー コードを保存し、元のマシンに再度ライセンスを適用します。

Apple Boot Camp - サポートされていません

ソフトキー ライセンスは、現時点では Apple Boot Camp (デュアル ブート)には対応していません。使用しようとすると、最初にオペレーティング システムを切り替えた時点でライセンスが無効化されます。今後対応が変わる場合は、サポート ドキュメントを更新します。OpticStudio を Apple コンピュータ上でお使いいただくには、2つのオプションがあります。

Boot Camp の使用をご希望の場合は、ソフトキーの代わりに完全な互換性を持つ USB キーを購入するオプションがあります。お見積りをご希望の場合は、Zemax 営業担当までお問い合わせください。
Apple コンピュータ上で OpticStudio を使用するには、Boot Camp の代わりに Parallels または他の VM ソフトウェアをお使いください。詳細は、ナレッジベース記事「How to Run OpticStudio on an Intel-based Mac Computer(英語)」をご参照ください。

ハードウェアの変更または故障への対応

システムのマザーボードが故障した場合、もしくは複数アイテムの交換が必要な場合はソフトキーを紛失するリスクがあります。しかし、交換が必要なのがハードドライブ、ビデオカード、メモリーまたはワイアレス カードなど単一のコンポーネントである場合は、お使いの Zemax ライセンスに問題が生じることはありません。

ヒント:お使いのコンピュータが稼働しなくなった場合、ハードドライブを別のコンピュータに移動することは避けてください。ハードドライブが別のコンピュータに移動されると、お使いのライセンスは永久的に無効化されます。

ライセンスの紛失を防ぐには、別のコンピュータにライセンスをトランスファーしてください。トランスファーの方法は「ソフトキー ライセンスのトランスファーおよび更新方法」のガイドに従ってください。コンピュータが再度稼働したら、ライセンスをトランスファーして戻してください。2016年8月以降にリリースされたバージョンをお使いの場合は、2台目のコンピュータでトランスファーを完了する必要はありません。生成されたトランスファー コードを保存し、元のマシンに再度ライセンスを適用します。

アップグレード、再インストールまたは Windows の更新に対する準備

Windows の新しいバージョン(例えば Windows 7、8 から Windows 10)にアップグレードする場合、選択されるインストール オプションによってはお使いのソフトキーが保護されない可能性があります。同様に、ハードドライブを消去して Windows を再インストールする必要がある場合、お使いのソフトウェア ライセンスも削除されることにご留意ください。また、Windows 8、10 にはオペレーティング システムを修復する「Update /更新」もしくは「Reset /回復」オプションがあり、ハードドライブの消去ならびに再インストールと類似した動作を行います。(ただし、CD や USB の起動ディスクは必要ありません。)Windows セキュリティ更新のルーティンが、お使いのソフトキー ライセンスに影響することはありませんが、更新がオペレーティング システムの故障を起こした時に備えて、定期的にお使いのコンピュータのバックアップを取ることを推奨いたします。詳細に関しては次のセクションをご覧ください。

ライセンスの紛失を防ぐには、別のコンピュータにライセンスをトランスファーしてください。トランスファーの方法は「ソフトキー ライセンスのトランスファーおよび更新方法」のガイドに従ってください。コンピュータが再度稼働したら、ライセンスをトランスファーして戻してください。2016年8月以降にリリースされたバージョンをお使いの場合は、2台目のコンピュータでトランスファーを完了する必要はありません。生成されたトランスファー コードを保存し、元のマシンに再度ライセンスを適用します。

ソフトキーを有するコンピュータのバックアップ

ライセンスは Windows に組み込まれているため、ドキュメントをバックアップしてもお使いのソフトウェア ライセンスはバックアップされませんのでご注意ください。

Macrium Reflect、TrueImage または Windows Backup といったソフトウェアを使用して、イメージ ファイルに Windows のバックアップを取ることが可能です。イメージを同じコンピュータに復元することで、お使いのソフトキーが維持されることが実証されています。元のハードドライブが故障しても、異なるハードドライブを有する同じコンピュータに復元することが可能です。

ヒント:お使いのライセンスが無効化されてしまうため、ハードドライブのバックアップを別のコンピュータに復元しないでください。

バックアップを復元したら、Zemax ソフトウェアが稼働しているか確認してください。稼働している場合でも、ライセンス ステータスをご確認ください。ウェブブラウザで、Sentinel Admin Control Center を開きます。アドレスは、「http://localhost:1947」です。「Sentinel Keys」タブに進むと、ライセンスは以下のように表示されるはずです。



赤字訳
上:お使いのコンピュータ名
左下:Local=このコンピュータ上のライセンス
右下:ライセンス ステータス


ステータスが「Cloned」と表示されている、もしくはその他のエラーが赤字で表示されている場合は、まず「ソフトキー ライセンスの問題に関するトラブルシューティングの方法」の記事をご確認ください。それでも解決できない場合は、support@zemax.com までご連絡ください。ご連絡をいただく際には、表示されているエラーの情報およびそのスクリーンショットを含め、問題に関してお持ちの情報を全てご提示いただきますようお願いいたします。

Windows が立ち上がらない場合にソフトキーのバックアップを取るには

Windows はソフトウェアまたはハードウェアの問題により破損し、起動できなくなる場合があります。残念ながら、Windows が稼働していない場合、ソフトキー ライセンスのバックアップを取る方法はありません。そのことが原因でソフトキーが紛失した場合は、support@zemax.com まで状況の詳細をご連絡ください。お客様のアカウント情報を確認し、代替ライセンス提供のオプションが適用可能かをお調べいたします。

お使いのライセンスが紛失もしくはアクセスできない場合

ソフトキーに関する問題の多くは修復が可能です。ライセンスの紛失を推測する前に、「ソフトキー ライセンスの問題に関するトラブルシューティングの方法」の記事をご確認ください。他のコンピュータへライセンスのトランスファーを行う際にライセンスが紛失した場合は、「ソフトキー ライセンスのトランスファーおよび更新方法」をご参照ください。その他の問題もしくはライセンスにアクセスできない場合は、support@zemax.com までご連絡ください。その際には、どのような状況であるかお持ちの情報を可能な限りご連絡ください。状況の解決に向けて最大限のお手伝いをいたします。


GO


Similar Topics


Login
Existing Account
Email Address:


Password:


Select a Forum....



































Zemax Users Forum


Search