OpticStudio 16.5 Service Pack 4 (2017年4月26日リリース)


OpticStudio 16.5 Service Pack 4 (2017年4月26日リリース)

Author
Message
Zemax_Japan
Zemax_Japan
Forum Member
Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)

Group: Administrators / Zemax Staff
Posts: 257, Visits: 2.8K
OpticStudio 16.5 Service Pack 4 : リリースノート
OpticStudio 16.5 Service Pack 4 には以下の修正および改善が含まれています。

使用性の改善
· ショートカットキー - Alt Gr キーを使用するキーボードの OpticStudio ショートカットに関する問題を修正しました。
· 公差解析 - Zemax プログラミング言語(ZPL)マクロから呼び出される公差解析は、ユーザーインターフェースに表示されている元の OpticStudio ファイルではなく、光学系のコピーで機能するようになりました。

シーケンシャル面および光線追跡
· ゾーン プレート面 – モードフラグが1に設定されている場合に、面の中心においてサグが誤って計算されていたゾーン プレート シーケンシャル面に関する問題を修正しました。
· レイ エイミング – 最初の面が非球面である光学系のレイ エイミング アルゴリズムを改善しました。
· 瞳シフト ファクタ – OpticStudio が回転対称系をより良くサポートするために、レイ エイミングの瞳シフト ファクタを自動的に
計算する際に使用されるアルゴリズムを更新しました。
· 非球面変換ツール – 面の正規化半径がクリア アパチャーと異なる場合に、非球面変換ツールで使用されるアルゴリズムを更新しました。
· ティルト/ディセンタ エレメント ツール – ティルト/ディセンタ エレメント ツールで面を修正した際の熱膨張係数(TCE)の割り当てに関する問題を修正しました。

シーケンシャル解析および計算
· 物理光学伝搬 – シェーデッド モデル内の物理光学伝搬(POP)結果を表示するためのアルゴリズムは、傾いた面のある光学系で改善されました。
· 偏光瞳マップ – 偏光瞳マップのテキスト出力で偏光楕円の角度の値がグラフィック ウィンドウに表示される方向と異なることが時折ありましたが、修正されました。
· 光源解析 – シーケンシャル光源解析ツールは、DAT 光源ファイルをサポートするようになりました。
· 縦収差計算 – アフォーカル光学系でゾーン パラメーターが0に設定されている場合、近軸光線を使用して近軸像位置を決定する際の評価関数オペランド LONA の計算に関する問題を修正しました。

ノンシーケンシャル オブジェクトおよび光線追跡
· 光源(ダイオード) – 大角度光学系におけるノンシーケンシャルの光源(ダイオード)オブジェクトに関する問題を修正しました。
· ダイナミック CAD 連携 – ノンシーケンシャル モードのダイナミック CAD 連携は、PTC Creo Parametric の最新バージョンをサポートするようになりました。新しい Creo Parametric 4.0 ライブラリの変更により、ノンシーケンシャル オブジェクトの CAD パート:Creo Parametric および CAD アセンブリ:Creo Parametric は、旧バージョンの Creo Parametric では使用できなくなりました。
· BSDF 面散乱 – 0度と360度に最も近い方位角セクターを交換できる異方性 BSDF ファイルの問題を修正しました。異方性双方向散乱分布関数(BSDF)テーブルを補間し、OpticStudio の入力として高解像度の BSDF ファイルを生成する MATLAB ツールが開発されました。これらの MATLAB ツールを入手されたい場合は、 japan@zemax.com までお問い合わせください。

ライブラリ
· エドモンド・オプティクス社のコーティング – 既定のコーティングファイルには、54種類の新しいエドモンド・オプティクス社の暗号化コーティングがあります。これらのコーティングは、次回の OpticStudio リリースで予定されているエドモンド・オプティクス社の市販レンズ カタログの次回更新に含まれます。
· ショット社の材料カタログ – ショット社の材料カタログが更新されました。カタログの材料の総数に変更はありませんが、以前は推奨材料として指定されていた2つの材料が、現在は特殊材料として指定されています。
· 大阪ガスケミカル株式会社の材料カタログ – 大阪ガスケミカル株式会社の材料カタログが更新されました。このカタログの材料の総数は6に増えました。
· OptoSigma社およびシグマ光機株式会社の市販レンズ カタログ – OptoSigma社およびシグマ光機株式会社は、市販レンズ カタログを統合しました。どちらのカタログもまだ OpticStudio に存在しますが、それらは同じ内容で総計1,771個の市販レンズがあります。

Zemax.JP
japan@zemax.com

GO


Similar Topics


Login
Existing Account
Email Address:


Password:


Select a Forum....



































Zemax Users Forum


Search