OpticStudio 16.5 Service Pack 5 (2017年6月21日リリース)


OpticStudio 16.5 Service Pack 5 (2017年6月21日リリース)

Author
Message
Zemax_Japan
Zemax_Japan
Forum Member
Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)Forum Member (1K reputation)

Group: Administrators / Zemax Staff
Posts: 257, Visits: 2.8K
OpticStudio 16.5 Service Pack 5 リリースノート
OpticStudio 16.5 Service Pack 5 には以下の修正および改善が含まれています。

全般
• Zemax ライセンス マネージャ – Zemax のソフトウェアを管理する Zemax ライセンスマネージャ(Zemax License Manager)のインターフェー
スが日本語化されました

シーケンシャル面および光線追跡
• 機械的半径 – コーディネート ブレイクを含む光学系における面の機械的半径の計算が修正されました。
• レイ エイミング – 絞り面が軸から大幅に外れている光学系のモデリングにおいて、レイ エイミングのアルゴリズムが改良されました。
• Q タイプ非球面 – 急な曲率を有する面に対し、Q タイプ非球面における光線追跡のアルゴリズムが改良されました。
• 折り返しミラーの追加 – Q タイプ非球面ならびに複数のコンフィグレーションを含む光学系における問題が、「Add Fold Mirror(折り返しミラ
ーの追加)」ツールによって解決されました。
• ミラー基盤 – メカニカル半径がクリア半径より大きいミラーの裏面のモデル化に関する問題が解決されました。

シーケンシャル解析および計算
• スルー フォーカス FFT MTF – スルー フォーカス FFT MTF 計算の性能が改良されました。この改良により、一部では計算時間が最大 2 分
の 1 にまで短縮されました。
• ファイル形式の変換 – ガウシアン ビームへの入力データのフィッティングを有効または無効にするオプションが、「ファイル形式を変換」ツー
ルに追加され、Optiwave F3D ファイルを OpticStudio ZBF ファイルに変換できるようになりました。ガウシアン ビームへのデータのフィッティ
ングは、デフォルトで有効になっています。
• ビーム ファイル ビューア – ビーム ファイル ビューアにオプションが追加され、ZBF データの表示に使用する投影を変更できるようになりまし
た。このオプションは物理光学伝搬( POP )解析にあるオプションに類似しています。
• ビーム ファイル ビューア – シーケンシャル モードにおけるビーム ファイル ビューアのレンダリング速度が改良されました。

ノンシーケンシャル オブジェクトおよび光線追跡
• フェーセット面オブジェクト – ノンシーケンシャル モードにおけるフェーセット面オブジェクトに関する問題が解決されました。面の形状がトロイ
ダルの場合、X 半幅が正確に制限されるようになりました。
• [光源(ダイオード)] – ノンシーケンシャル モードにおける光源(ダイオード) オブジェクトが改良されました。ガウシアン モデルにおける光源
分布に、より広い領域の角度を使用できるようになりました。
• ブーリアン オブジェクト – 親オブジェクトの1つがバイコーニック ゼルニケの場合に、ノンシーケンシャル モードでブーリアン オブジェクトの作
成に使用されるアルゴリズムが改良されました。
• オブジェクト エディタ – NSC オブジェクト エディタのユーザー インターフェースが改良され、オブジェクト エクスプローラ ツリーにおいてテキス
トが読みやすくなりました。

プログラミング
• ZOS-API – IAS_PathAnalysis インターフェースが、COM 接続(C++ または Python からの COM 接続など)に対して利用可能になりまし
た。

ライブラリ
• エドモンド オプティクス社のコーティング – エドモンド オプティクス社の新しいコーティングがカタログに追加されました。6,218 のレンズが、カ
タログに掲載されるようになりました。
• DIAS Infrared 社のレンズ カタログ – 106 のレンズが追加され、カタログには 173 のレンズが掲載されるようになりました。
• オハラ社の材料カタログ – 新しい推奨ガラス「 S-TIH57 」が、本カタログに追加されました。
• HOYA 社の材料カタログ – カタログに 14 の新しいガラスが追加され、材料のガラス数の合計が 368 に増加されました。
• Applied Optics 社の原器リスト – リストが更新され、882 の原器が掲載されるようになりました。
• Lightning 原器リスト – リストが廃止されたため、削除されました。


GO


Similar Topics


Login
Existing Account
Email Address:


Password:


Select a Forum....



































Zemax Users Forum


Search